ホーム>金沢、野々市の脱毛、皮膚科医の美容コラム

金沢、野々市の脱毛、皮膚科医の美容コラム

お肌のキレイな男性が増えたと思いませんか?

202182518641.jpg
 
こんにちは、とりい皮膚科クリニックです。
最近、お肌のキレイな男性が増えたと思いませんか?
お顔はもちろん、手足もスベスベの男性が増えたように感じます。
 
やはりこれはスキンケアに気をつかうようになったことに加えて、ムダ毛の処理をする男性が増えたからではないでしょうか。
お顔でいうと、ヒゲ脱毛をされているかどうかでお肌の質感が全く違ってきます。
 

男性もヒゲ脱毛される方が増えています

男性は十代半ばからヒゲ処理とは一生付き合わなくてはいけません。
毎朝、電動シェーバーやカミソリでのお手入れは時間もかかりますし、カミソリ負けなどの肌荒れに悩まされている方も少なくありません。
 
そこでヒゲ脱毛を選ばれる方が年々増えて来ています。
ヒゲ脱毛をされた方からは、「ヒゲ処理の時間が不要になり朝余裕ができた」「肌荒れが治った」など嬉しいお声をたくさんいただいております。
 

ヒゲ脱毛は医療レーザー脱毛をオススメします。

ヒゲは体毛の中では毛も太く毛根も深いです。
エステでの脱毛では機器の出力が足りず、期間が長くかかったり、満足いく結果が得られない場合があります。
 
当クリニックの脱毛器は、医療機器ですので脱毛効果も高く、皮膚科併設ですので安心して施術いただけます。
痛みについては、当クリニックの脱毛器は比較的痛みが少ないものを使用しておりますが、ヒゲは体毛の中では毛も太く毛根も深いですので、他の部位よりは痛みが強い箇所です。
回数も他の部位よりは多くかかるとお考えいただきたいです。
※痛みの感じ方には個人差があるため、我慢できない場合は麻酔のクリームを塗布して行うことも可能です。
 
施術されている方にうかがうと、3~4回目ぐらいからヒゲ処理が楽になった、生える速度が遅くなったなど、効果を感じていただけているようです。
※効果には個人差があります。
 
 
 
2021820142426.jpg
 
 

ご家族や恋人と一緒に通っておられる方も多いです

ヒゲ脱毛に通っておられる方にうかがうと、家族や恋人にすすめられてとおっしゃる方も多いです。
女性にとって脱毛はごく一般的ですが、男性では近年増えてはいますが、まだまだ少なく不安に思っている方が多いです。
当クリニックでご夫婦で通われている方も、初めは先に通っていた奥様が脱毛のことを色々教えてあげたそうです。
 
実際脱毛に通い始めると、ご本人はもちろんのことですが、お連れの方からも嬉しいお声を沢山いただいています。
シェーバーやカミソリでの自己処理をやめると、お肌の質感がよくなり、とても若く見えるそうです。
お肌がキレイだと清潔感もアップしますね。
 
男性でヒゲをのばす予定の無い方にとって、ヒゲはムダ毛です。
毎日の自己処理から解放されるメンズひげ脱毛オススメですよ!!

人より日焼けしやすい? 日焼けの仕方には個人差があります。

202182518835.jpg
 
こんにちは、とりい皮膚科クリニックです。
まだまだ紫外線の強い日が続いていますので、シミ対策は必須ですね。
 
さて、患者様から「人より日焼けしやすい気がする」
「紫外線対策をしっかりしていても日焼けしてしまう」
とのご相談を受けることがありますが、実はこれは気のせいではありません。
 

日焼けの仕方には個人差があります。

日焼けの仕方は皮膚のメラニン色素の量で変わってきます。
白人はメラニン色素が少ないので、紫外線を浴びても赤くなるだけで黒くはなりません。
皮膚に多くのメラニン色素がある黒人は日焼けはほとんどしません。
 
黄色人種である日本人は紫外線を浴びると、初めは赤くなり、その後黒くなる(日焼けする)方が多いです。
皮膚のメラニン色素の量には個人差があるため、人によって日焼けしやすかったり、日焼けしにくかったりするのです。
 

フィッツパトリック(Fitzpatrick)分類では皮膚のタイプは6種類

フィッツパトリック(Fitzpatrick)分類とは、紫外線を浴びた時の反応を基に皮膚タイプを6つに分類したものです。
 
スキンタイプ 紫外線に対する反応
I 常に赤くなり、決して皮膚色が濃くならない
II 常に赤くなり、その後少し皮膚色が濃くなる
III 中等度赤くなり、皮膚色が少し濃くなる
IV わずかに赤くなり、皮膚色が濃くなる
V ほとんど赤くならず、皮膚色が濃くなる
VI 赤くならず、皮膚色が濃くなる
 
日本人はⅢ~Ⅳタイプの人が多いです。
日焼けをしやすく、日焼けで肌が小麦肌になる人はⅣのタイプです。
紫外線を浴びても、赤くなるだけで皮がむけて戻る人はⅢのタイプです。
Ⅰ、Ⅱタイプに属する皮膚の色が白い人(白人など)は、紫外線に対して皮膚がダメージを受けやすいといわれています。
 

色白の人は紫外線対策を念入りにしましょう

メラニンの生成がお肌のターンオーバーを上回ると、メラニンが皮膚に蓄積されシミの原因となってしまいます。
人によって日焼けの仕方には個人差があり、シミのできやすさも個人差があります。
色白の方は紫外線によるダメージを受けやすいので、紫外線対策を特に念入りに行いましょう。
 

もしシミができてしまってもあきらめないで!!

シミ予防のセルフケアとしては、紫外線対策、保湿、ホワイトニング化粧品を使用するなどがあります。
それでも加齢や紫外線により、シミができてしまう場合も・・・
 
でもあきらめないでください。シミは改善できます!!
当クリニックのシミ治療人気No.1「フォトフェイシャルM22」を試してみてください。
 
エステと違い、フォトフェイシャルM22は医療機器なので、シミ・そばかすを消す効果が期待できます!
5種類の波長フィルターを肌トラブルに合わせて選択することで、シミ・そばかす、赤ら顔、くすみ、ハリ感など複数の症状を1度の施術で同時に改善していくことができます。
 
初回トライアル 1回 5回
税込11,000円 税込27,500円 税込99,000円
 
初回トライアルの内容は通常の1回と同じで全顔に施術します。
とてもお得な料金設定となっておりますので、シミにお悩みの方は是非お試しください!!

「わき」ブツブツしていませんか?

こんにちは、とりい皮膚科クリニックです
女性の方は多くの方がワキのムダ毛処理をされているかと思います。
毛抜きやカミソリによる自己処理を続けておられる方、ブツブツお肌になっていませんか?
 

ワキのブツブツ毛穴について

当クリニックでもワキ脱毛に来られる方は、何年もワキのムダ毛を自己処理されてから来院される方も多く、カウンセリングの際にワキがブツブツしているとよくご相談を受けます。
毛穴が盛り上がっているような、鳥肌みたいなブツブツの状態になっている場合が多いですね。
 
これは毛抜きで自己処理を続けたことにより毛根や皮膚がダメージを受けて起こるものです。
ムダ毛を毛抜きで抜くと、皮膚がむりやり引っ張られることから、毛穴周辺の皮膚がブツブツと盛り上がってしまいます。
これを継続的に行うと、皮膚の回復力が徐々に弱くなってしまい、ブツブツ状態から完全には戻らなくなってしまうのです。
 

埋没毛について

自己処理を続けていると、のびてきた毛が、毛穴から皮膚の表面に出ずに、皮膚の下に入ったままのびてしまうことがあります。これは「埋没毛」と呼ばれる状態です。
 
毛抜きでムダ毛が引っ張られる時に皮膚と毛穴も一緒に引っ張られます。
その時毛穴に見えないぐらいの傷がつき、それが見えないぐらいのかさぶたとなり、毛穴を塞いでしまいます。
その結果、ムダ毛が肌表面に出てこれずに肌の中でのびてしまうのです。
 
埋没毛になった毛を「針を使って毛を外に出す」とお聞きすることがありますが、大変危険ですのでやめましょう。
雑菌などが入り肌トラブルの原因になりますので、気になる場合は皮膚科で相談してください。
 

キレイでいたいと頻繁に自己処理される方ほど注意!!

早い方は小中学生からワキのムダ毛処理をされていると聞きます。
いつもキレイでいたいと思って頻繁に処理されている方ほど、お肌にはダメージを与え続けていることになります。
夏場は処理も頻繁になる上、汗も多くかきますので、毛穴に雑菌が入ったりして肌トラブルをおこしがちです。
 

ムダ毛処理は脱毛をオススメします!!

ムダ毛処理はずっと続くものです。ブツブツお肌や埋没毛になってしまう前に脱毛での処理をオススメします。
医療脱毛はエステでの脱毛よりも費用はかかりますが、エステでは使用できない高出力の医療機器を使用しますので、脱毛効果も高く比較的短期間で完了します。
 
脱毛が初めてで不安という方は、まず「ワキ脱毛」をオススメします。
自己処理や肌トラブルから解放され、きっとご満足いただけると思います。
不安なことはカウンセリングで何でも聞いてくださいね!!
 
 
2021720172729.jpg

ピンポイントのシミにはYAGレーザーがオススメです。

「YAGレーザー」とは?

当クリニックでもシミ治療で人気がある「YAGレーザー」。
YAGとは、イットリウム(Yittrium)、アルミニウム(Aluminum)、ガーネット(Garnet)の頭文字で、特定の色素のみに反応し吸収される性質を持つレーザーです。
 
シミやアザは色素の深さによって、黒色や茶色など色が異なります。
YAGレーザーは二つの波長(532nm、1,064nm)を使い分け、シミやアザの状態、肌質などに応じてパワーの設定が可能です。そして、非常に短い時間でシミやアザにピンポイントでレーザーを照射しますので、まわりの組織へのダメージを最小限におさえられます。
 
 

「YAGレーザー」もダウンタイムがあります。

YAGレーザー照射後は、カサブタができ、10日~2週間程ではがれ落ちます。
その間はお顔にカサブタが出来た状態になります。
この期間をダウンタイムと言いますが、施術箇所には保護テープを貼って過ごします。
まれにかさぶたができない方もいらっしゃいます。
 
レーザー照射後は赤く軽いやけどのような感じの方が多いですが、炎症が強いと炎症性色素沈着が起こる場合があります。
炎症性色素沈着は時間(6ヶ月~1年)の経過とともに消退します。
 
施術後は、摩擦は良くありませんので、お肌を擦ったりしないよう注意しましょう。
施術箇所がマスクで擦れる場合はテープで保護するなど、外部から刺激を与えないようにしてください。
紫外線も敏感になっているお肌にはよくありませんので、しっかりと対策を行いましょう。
 
 

定期的なフォトフェイシャル + 気になる箇所はピンポイントでYAGレーザーがオススメです。

定期的にフォトフェイシャルに通っておられる方も、気になるピンポイントのシミなどはYAGレーザーを照射される方もおられます。
フォトフェイシャルはシミだけでなくさまざまなお肌の状態を改善してくれますが、ピンポイントのシミには
YAGレーザーやレーザートーニングが効果的です。
お肌の状態に合わせて組み合わせてみてください!!
 

レーザー脱毛後にお肌がかゆくなるのは乾燥が原因かもしれません。

こんにちは。とりい皮膚科クリニックです。
薄着の季節が近づいてきましたね。
ムダ毛のお手入れはもうされていますか?
 
レーザー脱毛をされている方から、施術後のかゆみについてご相談いただく事があります。
その場合、まずはすぐにお肌の状態を見せていただきます。
当クリニックは皮膚科併設ですので、施術後、お肌の状態でご心配がある場合はすぐに対応が可能です。
レーザー脱毛後にお肌がかゆくなる主な原因は、乾燥の場合がほとんどです。
 
2021422204737.jpg
 

レーザー脱毛後はお肌が乾燥します。

医療レーザー脱毛は、毛のメラニンに反応して脱毛します。
そのときに発生した熱によって肌が乾燥しやすくなるのです。
 
医療レーザー脱毛はエステサロンではできない高出力でのレーザー脱毛が可能です。
脱毛効果が高い分、高出力の熱による乾燥も起こりやすいです。
保湿が足りないと、お肌の乾燥が進み、粉吹きやかゆみが出てしまいます。
 
当クリニックでは、レーザー脱毛をはじめる方には最初必ず保湿剤を購入いただいておりますが、
これは、レーザー脱毛後はどうしてもお肌が乾燥してしまうからです。
 

当クリックの脱毛器「ライトシェアデザイア」について

当クリニックの医療レーザー脱毛器は日本ルミナス社の「ライトシェアデザイア」を使用しています。
 
レーザーにもいろいろな種類がありますが、「ライトシェアデザイア」はダイオードレーザーです。
ダイオードレーザーは日本人の肌質、毛質に最も適した波長のレーザーで、高い脱毛効果が期待できます。
 
レーザーの照射口には冷却機能が搭載されています。
また、皮膚の吸引機能が付いており、レーザー照射口に毛根部を近づけ処理できるので、従来よりも少ない出力で脱毛が可能です。
そのため、痛みを最大限に抑えることができます。
 
さらに、レーザーを照射するヘッドが大きいため従来の医療脱毛器に比べ施術時間は約1/3で、体へのご負担も少ないです。
 
 

レーザー脱毛後は保湿をしっかりと!!

当クリニックのレーザー脱毛は、従来よりも少ない出力で脱毛が可能な最新機器を使用しております。
ですが、やはりレーザー脱毛後はどうしてもお肌が乾燥しがちになります。
 
レーザー脱毛をした日はいつもより念入りに保湿をするようにしてくださいね。
保湿剤がなくなってしまった場合は来院時にお声かけいただくか、とり急ぎご自宅の乳液などでも結構ですので保湿は必ず行ってください。

シミ取り後、マスクで隠れる場合でも保護テープは必ず貼りましょう。

こんにちは。とりい皮膚科クリニックです。
本日はシミ取りレーザー照射後の保護テープについてです。
 
シミ取りレーザー照射後は、カサブタができ、10日~2週間程で剥がれ落ちます。
その間はお顔にカサブタが出来た状態になります。
この期間をダウンタイムと言いますが、施術箇所には保護テープを貼って過ごします。
 
最近、施術箇所がマスクで隠れるからとマスクの下には保護テープを貼っていないとの声を耳にする事があります。
これはお肌に大変良くありませんので、今すぐやめるようにしましょう。
 
2021422205156.jpg
 

保護テープの役割

シミ取りレーザーを照射後のお肌や、かさぶたが剥がれ落ちたばかりのお肌はとてもデリケートです。
保護テープは、外部から施術箇所を保護します。
保湿剤を塗ってから貼った場合は保湿効果を保つ役割もあります。
 

マスクで隠れる部分とは?

マスクで隠れる部分にはテープを貼っていないとおっしゃる方は、マスクの下は「まわりから見えない」「外部から守られている」とお考えかもしれません。
ですがそれは大きな間違いです。
マスクの下はたしかにまわりからは見えません。ですが、外部から守られているとは考えにくいです。
 
なぜなら、ウィルス対策として推奨されている不織布マスクは白色ですので紫外線を通します。
その上、マスクは表情を動かすたびにお肌と擦れます。
つまり、保護テープを貼っていないと、マスクが動くたびに施術部に刺激を与えてしまっているのです。
 

マスクの擦れはお肌に色素沈着を引き起こす原因になります。

日常的にマスクを着用することになって随分たちますが、長時間マスクを着用される方からはお肌のトラブルもよく耳にします。
マスクとお肌が擦れたり、中の湿度が高すぎることで肌荒れを起こしてしまうのです。
 
マスクによる擦れが、外部からの刺激としてシミの原因になることもわかっています。
 
シミ取りレーザー照射後のお肌はとてもデリケートな状態です。
マスクの摩擦によって色素沈着を起こす可能性がありますので、保護テープをしっかり貼りお肌を保護するようにしましょう。

花粉もシミの原因となる事がわかっています。

2021325174240.jpg
 
こんにちは、とりい皮膚科クリニックです
花粉症の方にはツライ季節がやってきました。
今や国民の約25%が花粉症に悩まされているといわれています。

花粉による肌荒れ

花粉が花粉アレルギーの方の目や鼻に炎症を引き起こすことはご存じだと思いますが、肌荒れの原因にもなり、花粉によって起きる肌トラブルは「花粉症皮膚炎」とも呼ばれています。
お肌に痒みを感じる方も多いですが、絶対にこすってはいけません。摩擦はお肌の状態を悪化させますし、シミやシワの原因にもなります。
 
近年、シミの原因となる細胞(メラノサイト)が花粉による刺激でも活性化することが解明され、花粉がシミの原因となる事がわかってきています。
花粉アレルギーの方は、この季節はなるべくお肌に花粉が付着しないように過ごす事が大切です。
 
お肌に炎症が起きている場合は、シミ取りレーザーなど刺激の強い施術は控えていただく方がよいでしょう。
シミ取りレーザー施術後は、お肌がとてもデリケートになりますので、肌荒れを更に悪化させる場合があります。
お肌の状態が心配な方は、施術前にご相談ください。
 

日常生活で気をつけたいこと

今年は昨年より花粉が多いそうですね。
肌荒れのお悩みは当クリニックでご相談いただけます。
その他に、日常生活で気をつけたいことは、
 
  • 花粉を体内に入れないようにする
    マスク、花粉用メガネ、帽子など、花粉を体内に入れない事が重要です。
     
  • 腸内環境を整える
    免疫細胞の約6割は腸に集中しています。善玉の腸内細菌を増やして免疫機能を向上させましょう。
     
  • 睡眠をしっかりとる
    睡眠不足は免疫機能を低下させます。
     
  • 花粉を家に持ち込まない
    家に入る前に上着をはらう
    帰宅後は洗顔とうがいをする
    こまめに掃除をする
    空気清浄機を使う など

とくに、家の中は過ごす時間が長いため、できるだけ花粉を持ち込まないよう花粉症でないご家族の方にも協力してもらいましょう。

VIO脱毛の毛量調整とデザイン

こんにちは、とりい皮膚科クリニックですwink
VIO脱毛、気になっているけれど、まだしていないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。
本日はVIO脱毛でよくご相談いただく、毛量調整とデザインについてご紹介します。
 

VIO脱毛とは?

VIO脱毛とは以下の3つの部位をまとめて施術する脱毛です。
 
・Vライン ビキニライン、アンダーヘアが生えている部分
・Iライン 粘膜部分を除いた女性器の両側
・Oライン 肛門周囲
 

VIO脱毛のメリット、デメリット

(メリット)
・とても衛生的
アンダーヘアが無くなると、ニオイや蒸れが軽減され、とても衛生的に過ごせるようになります。
女性の方は生理時などは快適さが驚くほど変わりますよ。
 
・自己処理が不要になる
アンダーヘアを自己処理する手間と時間が無くなります。
また、自己処理を続けていると起こりがちな、色素沈着などのトラブルも心配が無くなります。
 
(デメリット)
・脱毛時の痛み
デリケートゾーンは皮膚はとても薄いので施術による痛みを感じやすい部分です。
 

VIO脱毛の毛量調整

IラインとOラインは、ムダ毛をすべて無くすことを希望される方がほとんどです。
Vラインについては、すべて無くす方、量を減らす方、形を変える方など一人ひとりのご希望によってさまざまです。
 
ちなみに、VIO脱毛でよく耳にする「ハイジニーナ」とは、VIOすべての毛を処理することです。
日本語で「衛生」を意味する「Hygiene」が語源と言われています。
 
Vラインについては、すべて無くす方以外は脱毛する前にある程度希望のデザインを考えておくのがオススメです。
 
アンダーヘア全体の毛量を減らしたい場合は、はじめの1~2回は全体に照射してください。
この場合、一旦アンダーヘアをすべて剃る必要があります。
その後、ある程度アンダーヘアをのばして毛量をみてください。さらに減らしたい場合は再度全体に照射します。
 
気をつけていただきたいのは、全体に照射した後ある程度毛がのびないと全体のイメージがつかみにくいです。
毛量を減らし過ぎてイメージと違う・・・とならないよう、確認しながら3回目以降の全体照射をするようにしましょうsign03
 
その後、照射する範囲を調整し、上部やサイドなどもお好みのデザインにしていきます。
 

VIO脱毛のデザイン

形は変えずに毛を薄くする「ナチュラル」が、当店のVIOデザインの人気No.1です。
自然で清潔感のある仕上がりになります。
202132517421.jpg
衛生的で自己処理もいらなくなるVIO脱毛は当クリニックでも大変人気のメニューですshine
デザインで迷ったり、気になる事がある場合は、お気軽にスタッフにご相談くださいconfident
 

アルコールはお肌によくないと言われています

こんにちは、とりい皮膚科クリニックですwink
ここ数ヶ月、コロナウィルスのせいで外食などが減っている反面、
スーパー、酒屋などでの酒類の売り上げは増えているとニュースで流れていました。
 
皆さま、お家でお酒を飲み過ぎていませんか?
アルコールはお肌によくありません。
摂取し過ぎると様々な症状を引き起こします。
 
飲み過ぎた翌日、お肌の調子が悪いのは、アルコールが原因かもしれません。
 
2021325174017.jpg

乾燥

ご存じかと思いますが、お酒には利尿作用があるため、飲めば飲む程トイレに行きたくなります。
お酒自体が水分ですが、アルコールの利尿作用により、アルコールを摂取すると体から水分が抜けてしまいます。
 
飲みすぎた翌日に、喉がすごく乾いたり、体がだるく感じたりするのは、脱水が原因の可能性があります。
飲み過ぎた翌日のお肌は水分不足でカサカサ状態、バリア機能が低下している恐れがあります。
 
 

ニキビ、吹き出物

アルコールを摂取すると、代謝のために肝臓が忙しく働きます。
アルコールの代謝で忙しくなると、食事で摂取した脂質の分解は後回しにされてしまいます。
そのため分解しきれなかった脂質が体内に残ってしまい、毛穴詰まりの原因になります。
その結果、ニキビや吹き出物ができてしまいます。
 
 
 

読み過ぎた翌日は、お肌や体を休めてあげましょう

アスコールの取り過ぎがお肌に良くない事はおわかりいただけたかと思いますが、
どうしても飲み過ぎてしまう日もあるかと思います。
 
その場合は、なるべく水を沢山飲み、しっかりとお肌の保湿をしてあげましょう。
食事も控えめにして、肝臓の負担を減らしてあげるのがおすすめです。
 

冬はお肌を冷やさないよう注意しましょう

こんにちは、とりい皮膚科クリニックですwink
寒い日が続いていますね。
皆様お肌の調子はいかがでしょうか?
 

2021325173831.jpg

冬は1年の内で最も空気が乾燥する季節です。
お顔だけでなく、手指のアカギレなど、お肌のトラブルに悩まされがちですね。
 
お肌は冬の冷たい空気に当たると、皮膚の毛細血管が収縮し、血の循環が悪くなります。
血の循環が悪くなると、お肌の細胞に必要な栄養分を運ぶ力も弱くなってしまい、
ターンオーバーが乱れがちになってしまいます。
 
ターンオーバーの乱れは、むくみ、くすみ、シミ、しわ、ニキビなどの原因になりますので、
冬はお肌を冷やさないよう注意しましょう。
 
 
 
・お肌の保湿
冬は普段よりもしっかりと保湿をしましょう。
日中、外気も乾燥していますので、ミストなどでお肌に水分を補給してあげましょう。
オフイスなどの場合は、卓上の加湿器などもオススメです。
 
 
・お顔のマッサージ
お肌は冷えると血流が悪くなってしまいます。
お化粧の前などにお顔をマッサージしてあげる事で、血流が良くなり、むくみ・くすみを改善できます。
強くこするとお肌によくありませんので、やさしく行ってください。
 
 
・お風呂で湯舟にゆっくりつかる
冬でもシャワーの方もいらっしゃると聞きますが、湯舟につかって体を芯から温めましょう。
リラックス効果、保温効果がシャワーとは全然違います。
 
 
・なるべく温かい飲み物を選ぶ
冬はなるべく冷たい飲み物は控え、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。
ショウガなども上手に取り入れたいですね。
 
 
冬場のお肌や体の冷えは、健康面、美容面からも良くありません。
なるべく体を冷やさないようお過ごしください。