ホーム>【エステ】コンテンツ>お悩み・症状>ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ痕

▶︎ニキビの原因・できる場所の原因

▶︎ニキビの種類

▶︎ニキビの治療法

▶︎ニキビ治療・ニキビ痕治療のセット料金

▶︎ニキビが気になる方へのおすすめの食事

 

原因

にきび

ニキビができるきっかけは、毛穴の出入り口の角質が厚くなって毛穴を塞いでしまうことです。
毛穴が塞がれたことで、皮脂がつまりアクネ菌が過剰に繁殖して、ニキビになるのです。

思春期ニキビは過剰な皮脂分泌が主な要因になります。
一方、大人ニキビはストレスやホルモンバランスの崩れが原因です。

ニキビができる場所の原因が違います

<おでこ>

  • ホルモンバランスの乱れや前髪による刺激
  • シャンプーやリンスのすすぎ残し
  • 胃腸の不調

<鼻>

  • 鼻を頻繁に触ることによる汚れ
  • 日常の紫外線や、油分の多いファンデーションなどによる肌の新陳代謝の乱れ
  • 肝臓、大腸、肺の不調

<ほお>

  • 冷え性(特に下半身)
  • 胃腸が荒れている可能性
  • 便秘や肝機能の低下
  • 糖質や脂質の取り過ぎ
  • ストレス過多などで男性ホルモンの分泌が増加

<口のまわり>

  • 胃腸のトラブル
  • 油っぽいもの中心の食生活によって起こるビタミン不足
  • 食べ過ぎ

<あご>

  • 生理前で男性ホルモンの分泌が増え、肌の新陳代謝が崩れる
  • 胃腸が荒れている可能性
  • メイクの洗い残し
  • 睡眠不足
  • 過剰なストレス
  • 体の冷え

<首>

  • 肌の新陳代謝
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 過剰なストレス

<背中>

  • 乾燥
  • シャンプー・コンディショナーの洗い残し
  • 衣類の接触による炎症

ニキビの種類

<白ニキビ>
白ニキビは初期段階のニキビで、まったく悪化していない状態のニキビです。
毛穴に皮脂が詰まるとアクネ菌の動きは活発化し、角栓によって塞がった毛穴の内部に皮脂が溜まりつつある状態で、肌が内側から盛り上がっている状態を白ニキビと言います。膨らんだ皮脂が白っぽく見えることが由来です。この段階になると肉眼でニキビ発生が確認できるようになります。

<黒ニキビ>
黒ニキビは初期段階のニキビで、白ニキビが少しだけ悪化した状態を言います。
毛穴内部に溜まった皮脂が表皮から顔をのぞかせ、空気中の酸素によって黒く酸化された状態を指します。黒ニキビは皮脂がむき出しになって直接空気にさらけ出されている状態です。そのため、白ニキビと比べて雑菌が入ったり炎症を起こしやすくなります。

<赤ニキビ>
赤ニキビは症状がかなり進んだ段階をさし、肌がケガをしたかのように赤くなることが由来です。
赤ニキビはニキビができている患部の皮脂にアクネ菌やその他の雑菌が繁殖してしまっている状態です。皮膚の細胞は外部からの細菌・雑菌の繁殖をとどめようと抵抗しますが、この抵抗こそ炎症の正体なのです。

<黄ニキビ>
黄ニキビは炎症を起こしたニキビがさらに悪化した状態のことをさし、これは黄色い膿が溜まっており、皮膚越しだと黄色っぽく透けて見えるのが由来です。
黄ニキビまで症状が進行してさらに重症化すると、陥没したようなクレーターニキビ痕が顔に残ってしまいます。

<大人ニキビ>
大人ニキビは20代以降の人にできるニキビのことです。表皮の新陳代謝のリズムが崩れ、分厚くなった角質層がうまくはがれずに、毛穴をふさいでしまうことが最も大きな原因です。その他にも食生活の乱れや不規則な生活、喫煙、紫外線、乾燥、メイクなどが原因として起こると言われています。また、ストレスも原因の一つです。ストレスがかかって男性ホルモンの分泌が増えることで皮脂の量が増え、それが毛穴を詰まらせてニキビを誘発してしまうのです。

ニキビ年齢

ニキビの発症しやすい年齢は、12~15才、最も悪化するのが17~21才そのうち93%は25才までに治ってきます。アンケートなどでも積極的に改善したい悩みで思春期にあたる10代の過半数がニキビをあげています。大人になって初めてニキビを発症する人もいますが、それは男性より女性に多いようです。原因として、ストレスがかり男性ホルモンの分泌が増えることで皮脂の量が増え、それが毛穴を詰まらせてニキビを発生させてしまうのです。

肌タイプ

脂性肌・オイリー肌
皮脂の分泌量が多いため、毛穴に皮脂がつまりやすくなり目立ちやすくなります。その状態が長く続くと皮脂は酸化を起こし、ニキビができやすい肌タイプといえます。
普通肌

特に目立った毛穴トラブルもなく、肌の水分量と皮脂量のバランスが取れていて角質のキメが整っているのでニキビは比較的にできにくいタイプです。このタイプであるならば、今後もこの状態をキープしていくことが重要になります。

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌とは、保湿が足りないことによって、乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって皮脂分泌量が増えて毛穴の詰まりを起こしてしまいます。ニキビの原因は、毛穴の詰まりから来ますのでこのタイプの方もニキビはできやすいです。

<混合肌>

混合肌とは、Tゾーン(額・鼻・アゴ)はベタつきやテカリが目立つのに、頬や口回りはカサカサしているような、部位によって肌質が変わるタイプを指しま す。このタイプの方は、乾燥肌と勘違いしやすい場合があります。部分別に乾燥肌と脂性肌の2つの対応が必要です。このタイプの方もニキビができやすい肌と いえます。

ニキビ治療・ニキビ痕治療のセットメニュー

モザイク(1回)+eCO2(3回)

月額3,500円(60回)

一括払い総額164,780円(税込)

 

モザイク(5回)+エレクトロポレーション(6回)

月額4,500円(60回)

一括払い総額212,300円(税込)

 

 

にきび治療法

<イオン導入>

イオン導入(自由診療)

皮膚に微弱な電流を流すことで、ビタミンAなどを皮膚内に効果的に導入する方法です。
ビタミンが顔の皮膚の奥へと浸透し、美白効果やニキビの改善、クスミの改善など美肌へ導いてくれる効果があります。

【適応疾患】
肝斑(かんぱん)、そばかす、くすみ、炎症性色素沈着、ニキビ

【イオン導入のリスク、副作用】
 
 レチノイド反応という、皮膚がビタミンAに対して敏感に反応することがあります。
過敏性肌や敏感肌と呼ばれている方だけでなく、一般肌の方も出ることがある反応です。
症状としてはかぶれたような発赤(赤 み)、ほてり、痒み、乾燥感(かさかさ)、腫れ、にきびや吹き出物の活発化があります。
これらの症状は皮膚 がビタミンA に慣れるに従って治まります。早い方では約 1~2日、長い方では約1ヶ月以上続く方もいます。
レチノイド反応は毒性反応でもアレルギー反応でもありません。 

<フォトフェイシャルM22>

 <フォトフェイシャル(自由診療)>

フォトフェイシャルM22とは、マイルドな光を顔全体に照射し、様々な肌トラブルを改善していく治療法です。レーザーとは異なるマイルドな光治療のため、痛みが少なく施術直後からメイクも可能です。

【適応疾患】
シミ・そばかす、にきび、にきび痕、小じわなど

【フォトフェイシャルのリスク、副作用】

フォトフェイシャルは肌の悩みを効果的に改善する効果があると同時にリスクもあり、やけど、色素沈着の可能性があります。
普段、日焼け止めを塗れていない方、積極的に日焼けされている方はすぐに施術を行うことができない場合があります。
肌の状態を事前に確認させていただき、施術できるかどうかの判断をさせていただきます。
もしも、気になることがあれば都度、ご相談ください。

 

にきび痕治療法 

当院にきび跡治療 人気NO.1  <モザイク(フラクショナルレーザー)>

フラクショナルレーザー治療(自由診療)

モザイクレーザーとは微細なレーザーを高密度に真皮に深達させ周辺組織を傷つけることなく、表皮から真皮の特定に深さにレーザーによる熱損傷部位を作り出します。この無数の損傷部位は周辺の健常組織に囲まれ、自身の創傷治癒力で短時間でつゆする動きが働きます。その後、コラーゲン・エラスチンのリモデリングを促進し真皮の繊維芽細胞が再構築され真皮が入れ替わることでキメの細かい張りのあるお派手へと生まれ変わります。

【適応疾患】
ニキビ痕、手術跡、傷跡、開いた毛穴、お肌の衰えなど

<eCO2(フラクショナルレーザー)>

2020528121910.jpg

フラクショナルレーザーeCO2治療とは細微なレーザーを肌に点状に照射することで弾力性を失った肌(真皮)を新しい肌へと入れ替えていく治療のことです。真皮が新しく生まれ変わることでコラーゲン・ヒアルロン酸も大量に生成され若い頃のキメの細かい弾力性の肌を蘇らせます。

【適応疾患】

ニキビ、ニキビ痕、開いた毛穴、しわ・たるみ、傷跡など

【フラクショナルレーザーのリスク、副作用】
熱を伴った痛みを伴う治療です。個人差がありますが、この症状は数時間続きます。
治療前に痛みを軽くする処置を行います) 治療後は腫れと強い赤みを帯び、これらは1~2日間程度続きます。 
この治療の合併症として、かさぶた、水疱、瘢痕形成、色素脱失(皮膚が白っぽく変色すること)、色素沈着(皮膚が黒っぽく変色すること)などがあります。
このような症状が出た場合、症状にもよりますが治療を行いますので医師の指示に従ってください。 

 

<ケアシス(エレクトロポレーション)>

<エレクトロポーション(自由診療)>

エレクトロポーションとは特殊な電気パルスを利用し、針を使わず有効成分を肌深部に浸透させることが出来る技術です。クーリングと薬剤導入が同時に可能で、より多くの有効成分を入れることができます。各種美肌治療との併用で相乗効果が期待できます。

【適応疾患】
肝斑、シミ、ニキビ痕、しわなど

【ケアシスのリスク、副作用】

ケアシスによる痛みや赤みなどはほとんどありませんが、
施術の際、腕にシールを貼りますので、貼った部分がが赤くなることがあります。
 

 <フラクショナル・マイクロニードルRFシステム「シークレット」>

 <フラクショナル・マイクロニードルRFシステム(自由診療)>

侵襲性を最低限まで抑えたマイクロ針を用いて、的確にコントロールした高周波エネルギーを真皮のある程度の深さまで直接到達させることで肌を若返らせる技術です。
従来のトリートメントと比べて、肌の手入れ時間と回復時間が大幅に短縮されました。また、どのような肌のダイプにも適用し、火傷やPIH(炎症後色素沈着)のリスクが低く、色の濃い皮膚であっても施術が可能です。

【適応疾患】
ニキビ・ニキビ痕、開いた毛穴など

【フラクショナル・マイクロニードルRFシステム「シークレット」のリスク、副作用】
体質によってはかゆみ、赤みが出る場合があります。
早ければ数時間、長くても数日でほぼ目立たなくなります。
 
 

 <ケミカルピーリング>

20214493543.jpeg

ケミカルピーリングは、皮膚表面の古くなった角質 を除去することにより若く、みずみずしい皮膚の 再生を促す方法です。
医師による診察後、高品質のサリチル酸マクロゴールを使用し、効果的に治療を行います。

○くすみのないスムーズで柔らかな肌へ
古い角質を取り除き、毛穴引き締め作用で透明感のある肌へと 導きます
○シミを薄く
新陳代謝が活性化され、シミやニキビ跡といった色素沈着を改 善します
○オイリー肌・ミックス肌に
皮脂の分泌を抑え、テカリを防止します
○水分保持力アップ
コラーゲンやエラスチンが増加し、「肌にモチモチ感が生まれる」 「化粧のりが良くなる」「小じわが目立たなくなる」などのう れしい変化を体験できます
○殺菌作用
ケミカルピーリングの優れた殺菌効果で、ニキビの原因菌の増殖を防止します。
○ニキビ跡に効果的
ケミカルピーリングは特に赤みや茶色っぽい色素沈着に効果的 です。ニキビ跡の凹凸も穏やかに改善します
○肌の老化予防に(アンチエイジング)
肌の新陳代謝がアップし、お肌のハリがよみがえります

【適応疾患】
ニキビ・ニキビ痕、シミ

 

【ケミカルピーリングのリスク、副作用】

ごくまれに赤み、腫れが生じる事がありますが、数時間から数日で消退します。

 

ニキビあと治療の流れ 

ご予約

ご予約

まず受付・TELにてご予約ください

矢印

ご来院

フォトフェイシャルの流れ

ご予約日・時間に受付へお越しください

矢印

医師の診察

医師の診察

医師が適切に診断し、治療方針を決定します

矢印

カウンセリング

カウンセリング

治療のご案内・ご不安点をお伺いいたします

矢印

施術

施術

麻酔クリームを塗布し15分から20分おき、洗い流していただきます。
その後フラクショナルレーザーを照射します。冷たいタオルでクーリングを行います。

 

矢印

アフターフォロー

アフターフォロー

ご自宅でのご注意事項をご案内いたします

Q&A

q 施術1回でも効果はありますか?
a 1回の施術でお肌の色調や肌質が良くなり肌の弾力性を取り戻します。

q 施術中に痛みはありますか?
a レーザー照射時の熱さや若干の痛みはあります。施術を追うことに肌が生まれ変わり痛みになれます。

q ダウンタイムや施術後の症状は?
a 施術直後の赤みや腫れがありますが施術3~10日間かけて古い角質がポロポロと剥け真新しい美肌出現します。

q 施術は何回くらい受けた方がよいですか?
a 1回の施術で色ムラやくすみ、凹凸の改善、お肌のタイトニングの実感が得られますが、1-2ヵ月おきに最低でも3回施術を受けられるとよりお肌の入れ替わりが行われ、拡がった毛穴や深いしわ、にきび跡などの改善がみられ、同時にお肌の若返りを実感できます。

 

食事

偏食傾向があり、外食が多いという方は、少し見直すだけでも大きく改善がみられる様になります。また、ニキビの予防・対策となる食生活は、お肌にも体にも優しいものなので無理のない範囲で、ぜひ、取り入れてみて下さい。
ニキビのできにくい肌を実現してくれる栄養素は、主にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの4種類が代表的です。その他にも食物繊維や亜鉛などが含まれている食材などがあります。

ビタミンA

ビタミンA
にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉、うなぎ、レバー

ビタミンB

ビタミンB群
卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類、まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにく

ビタミンC

ビタミンC
ブロッコリー 、イチゴ、柿、ほうれん草、カリフラワー、小松菜

緑黄色野菜

ビタミンE
レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜

食物繊維

食物繊維
納豆、おから、インゲン豆、えんどう豆、しそ、パセリ、ごぼう、モロヘイヤ、アボカド

亜鉛

亜鉛
蠣、カシューナッツ、うなぎ、牛肉、鶏レバー、豚レバー、大豆、納豆、ごま、抹茶、チーズ